サワオトギリ(沢弟切)  学名 Hypericum pseudopetiolatum
   
2005.8.26 宇陀市室生区(奈良県) 
TOP  サワオトギリ 
オトギリソウ科 オトギリソウ属

山地の湿地に生える多年草
草丈は10〜40cm茎は基部でよく分枝する
葉は倒卵形〜長楕円形で基部は茎を抱かず
中央より葉の先端よりが最も幅が広い
明点が密に分布し縁に黒点が並ぶ

花は直径約1cmで黄色
花弁
は5個で明線があり黒点は縁だけにある
和名は沢のような湿地に生えるオトギリソウの意味
似たものに葉が細く狭楕円形の
ナガサキオトギリがある

分布 北海道、本州、四国、九州
花期 7〜9月