自然の美しさにハッとした瞬間

美しい日本の自然。わが国には、特色を持った地理的環境がある。
移りゆく季節の彩り、雲や雲海、それに朝夕の光などの自然環境が重なる一瞬の出会い。
そんな荘厳でドラマチックな風景に感動し、一期一会の世界に魅せられ50年になる。
私は、美しい時代の風景の証人として、変貌する自然環境の記録をつづけている。
今後は、大自然の気候変化や自然災害を含め失わゆく自然遺産に加え、貴重な文化遺産である天然記念物に指定された桜・一本桜を含めた巨樹巨木。原始の森から麓の林。棚田や段々畑など、里地・里山や湧水、小川を含めた、人間に身近な自然風景の保全も大切だと思っている。
多様で美しい日本の自然が、将来世代に引き継いでいかれることを願ってやまない。




新刊発心も染まる紅葉」


「国立公園 1」


「国立公園 2」


「朝の彩り」


「一本桜と桜」
 
 


 「棚田の彩り」


「花の彩り」